flower border

No image

夕空のクライフイズム 6~10巻

前回記事夕空のクライフイズムの前回記事を書いたのは約2年前でしたが、この度無事に最終10巻が出たとのことで一気に5冊購入して読んでみました。ストーリーは静岡の強豪(富士鷹)との練習試合→美人マネージャーの復帰→県央リーグ戦という流れです。富士鷹戦は組織的なパスサッカーを標ぼうする富士鷹とそこで出番を失った生粋のドリブラー百武君の話です。今中も大好きな女子マネージャー梅さんが復帰し、恋模様は加賀美→雨...

No image

南鎌倉高校女子自転車部

長崎から鎌倉に引っ越してきた舞春ひろみは、小さい頃に乗った以来のひさびさの自転車でこれから三年間を過ごすこととなる南鎌倉高校へと出発する。彼女は高校生活の中で素敵な仲間達と一緒に、自転車の楽しさ、日常の素晴らしさを発見していく―――。【この作品のいいところ】・いまんとこ見つからない【この作品の悪いところ】・話の展開がゆっくりなのはいいが、キャラは早いうちに確立させないと後からキャラが増えて収集つかな...

No image

海月と私 全4巻

レビューをほったらかしにしてた海月と私の最終巻が出たので一気レビューです。お客の数だけ、涙と笑顔のドラマがある――。駅にも浜にも温泉にも遠いへんぴな宿「とびうお荘」。寡黙な主人が振る舞う絶品料理と、美人従業員の心地良い接客にリピーターも多い。さて今日のお客さまは……?奇妙な取り合わせのふたりが営む、小さな宿の物語。オッサンを翻弄する美人娘。最初は翻弄されるだけだったが気が付けば美人娘の虜にって話です。...

No image

咲-saki- 14巻まで

咲の14巻が出ました。準決勝の副将戦途中までということですが、読んでてイマイチ盛り上がりを感じることができません。不気味な存在のはずの有珠山は遥か射程圏外、今さら感のある姫松、点差だけはつけてるけどの臨海。敵キャラにぞくぞくするものを感じません。強キャラ詰め込みで各々に見せ場を作ろうとした結果、バトル全体の印象が薄いように思えます。長野決勝みたいな悲喜こもごものバトルはないのでしょうか。そういうバト...

No image

夕空のクライフイズム 4&5巻

新しいCFは変わり者。フィジカルは全然ダメだけど、ゴールセンスだけは特別な加賀美の登場です。どうやら雨さんに気があるらしく今中氏とは恋のライバルに…そんな加賀美を加えついに外部との試合の為、日本のブラジルこと静岡県へ。相手はパスサッカーの名門、富士鷹高校。トップ下にエースがいて二列目から飛び出してイマイチ迫力の無い富士鷹はどっかの国をみるようでいたたまれない気分になります。望月や今中もすっかりギャグ...