flower border

No image

感覚の差 CASE1:A君の残業

社会人となって20年以上がすぎ、今時の若手はと言われた側の僕たちも言う側に回る場面が多くなってきました。今日は感覚の差について、今日は書いていこうと思います。CASE1:A君の残業私の勤務する会社での時間外労働は事前に電子申請を部下が上司に行うことで認められています。例えば部下のA君が8時までの残業をしたいと申請し、私がそれを許可したり不要と判断したりします。A君は残業に取り組み8時10分に仕事を...