flower border

咲-Saki-の世界の最強候補達

Category私の本棚
咲-Saki-の世界の最強候補達

宮永照(白糸台)
・全国大会準決勝で+96200という化け物スコア
・2年間跳満以上の放銃をした事がないという守備面での堅さ
・連チャンモードに入ればコンビ打ちでもない限り止まらない

圧倒的強者です。
連載開始後背中すら見せない照に誰がどのように迫るのかが楽しみなくらいです。

一人目で終了してしまいました。

宮永咲(清澄)
・公式戦で手も足も出なかった描写無し
・一定レベルの強者に囲まれても得点調整などある程度の空間支配を発動

主人公なので無双する描写は控えめですがその力はやはり魔王級。
団体戦で照は咲と戦うべく大将となるのか、対決は個人戦までお預け?
いずれにせよおもろいことになりそうです。

天江衣(龍門渕)
・前年のインハイMVP
・1回戦では二人同時飛ばし、2回戦では三人同時飛ばしと無茶苦茶
・準決勝は衣に回る前に決着がついているので衣の負描写は無し
・プロアマ親善優勝
・県予選で清澄に敗れるも大将戦単体では+35000の大トップ

全国大会に出てはいませんがプロ混の大会で勝ち切れるというのはプロと言うものが有力校の選手にとっても格上とされる本作では一級の強さでは無いかと思われます。

龍門渕透華(龍門渕)

一種のジョーカーです。
大会では体のいい噛ませ犬でしかなかった透華ですが合宿時に変身した「冷たい透華」状態では咲・衣・藤田プロを完封。
冷たいモードの詳細は未だ解りませんが、それまでは最強候補でしょう。
※詳細が解った時→攻略された時になりそうなのが玉にキズ

福路美穂子(風越)
・長野個人戦優勝

長野の個人戦を圧勝で制したキャプテンですが、強者との競り合いの描写がありません。
久あたりとはいいライバル関係を築けそうですが、化け物領域にはちょっと届かないかな。

続きます。

0 Comments

Post a comment