FC2ブログ
flower border

弱キャラ友崎くん 4・5巻

Category私の本棚~ラノベ編
今日は弱キャラ友崎くんの4・5巻です。

空気という名の怪物、その怪物を操ることに長けたヒエラルキートップからのいじめという困難にチーム友崎が立ち向かっていく話です。
自分の思う正しさを貫くことは、どんな場所でも難しい。
学校というコミュニティだけでなく社会においても…

会社員をやってて、どこか妥協している。
たまちゃんのようにびしっと主張することを抑えている自分がいる。
たまちゃんのように空気に潰されることのないように立ち回りを工夫しながら主張する技術ってのは会社員をやってて自然に身に着いた。
主張は通らなければ意味が無い。
自分の経済的基盤を守りながら部下等の立場や環境を守る為に自分の主張を強く言ったり控えめに言ったり敢えて黙ることで次の利を取ったり。
そういうのは本当に巧みになったと思う。

でもそういうのって美しくないよね。
技巧に走りリア充街道を歩く日南も、そこを目指す友崎君も、たまちゃんのような美しさは無い。
美しくても負けたら仕方ないって現実はとても重いけど、だからこそたまちゃんの心のあり方がとても印象に残るエピソードでした。
気が付けば友崎君を核にした新しい人間関係が発生してて、いいムードになってきました。

粗方目標を達成したような気もするので次のイベントも事件性の高いものになると思います。
(ならないと話が停滞しちゃう)
恋愛フラグなのか、水沢や日南といった仮面を被っている人間に何かが起きるのか6巻が非常に楽しみです。
お勧め指数を9に上方修正ですね。

お勧め指数(10段階):8→9
書棚保管数:5
累計書棚保管数:620



にほんブログ村

0 Comments

Post a comment