flower border

異世界チート魔術師 3巻

Category私の本棚~ラノベ編
異世界チート魔術師 3 (ヒーロー文庫)異世界チート魔術師 3 (ヒーロー文庫)
(2014/09/29)
内田 健

商品詳細を見る



異世界チート魔術師 3巻です。

太一は前巻で出てきた暗殺者のアナと一緒に行動です。
町に潜む「真紅の契約」をしたゴブリン100体を探して駆除せよ。
この超難易度のクエストもチート魔術師から見れば年上のお姉さんと少しエッチなコミュニケーションをして仲良くなりつつ新キャラの幼女×2を登場させるイベントでしかありません。
一方の凛なミューラと一緒に行動。
グラミにあっさり攫われちゃうミューラ、彼女はヤムチャのような運命を辿るのでしょうか。
まあ何とか救ったところに街へ向かう魔物の群れ。
チート級という看板にやや陰りが見えていた凜ではありますが戦術級大規模魔法を発動させ気を吐きます。
レミーアも加わっての真紅の契約済魔物の群れとの戦いに臨みますが、その戦いは意外な形で終局を迎えます。


ツインヘッドドラゴン


殆どの魔物を倒すものの3体のレッドオーガにはダメージすら通せなかった凜、ミューラ、レミーア。
救援にきてあっさりこれを退ける展開に持っていくのは太一。
そのバトルに割り込みレッドオーガーを瞬殺したのがツインヘッドドラゴンです。
全力の太一ですら歯が立たない相手を退ける為に必要だったもの。
それは太一の覚醒、精霊エアリアルに呼びかけることでこれを使役し今まで以上の力を得ればツインヘッドドラゴンすら
一蹴してしまうのです。

結局やっぱ太一はチートだったってことです。
この世界では精霊>>>ドラゴンやヴァンパイア>>>魔物・人間のような形でレベリングされており精霊の中でも上級に属するものは天変地異すら引き起こせるらしい。
たぶんエアリアルは上級精霊っぽい。
となると凜のチート性能は「人間としては」ってレベルでFAみたいです。
上級精霊はエアリアルだけではないでしょうし、最終局面ではそのまた更に上が出てきてエアリアルが「あいつはやばい」的な台詞を吐くようだと全くチートっぽさがなくなってしまいます。
何となく「ドラクエの最初の村にレベル70勇者とレベル45魔術師が落ちてきました」ぐらいの設定に落ち着きそうですな。

今巻でイマイチ納得のいかなかったのがエアリアル使役に関する一連の流れです。

エアリアルを使役するには「命令」というキーが必要 → まだわかる

アナが死んでいく姿に凜を重ねる → ???

太一の前で重要な誰かが命を落とした過去があり、その過去が繰り返されようとして力を強く欲して覚醒というならテンプレではありますが理解できます。
ですが今まさに自分が死んだのにその姿を別の女に置き換えて覚醒とか全く意味不明ってレベルです。


アナ不憫


展開を示唆し過ぎな挿絵。
アナへの殺意はなかったであろうが殺した当事者のドラゴンと河原で殴り合った後の中学生のような会話。
色々雑に作りすぎなんじゃないの?と正直がっかりしました。

書棚保管数:3
累計書棚保管数:452

0 Comments

Post a comment