flower border

セキレイ

Category私の本棚
今日は台風なので家に篭ってセキレイを読んでました。
ある日突然空から降ってきた女の子は自らをセキレイという。
108羽いるセキレイは戦いあって最後の一羽を目指すとかいう物語。

【この作品のいいところ】
・セキレイだけでなく周囲の人間まで引き寄せる主人公になぜか嫌みがない
・月海

【この作品の悪いところ】
・年に一冊程度しか単行本にならないので新刊が出る度に前回の復習を要す
・話が進むにつれ大雑把な展開

【考えどころ】
執筆速度ってのは意外に大事な要素です。
セキレイの原作がどこで連載されてるのかは知りませんが、読者に適切なスピードで作品を届けさせるように編集がコントロールすることは、ある程度作品の質を担保する上でも必要なことのように思えます。
正直、巻が進むごとにダレている感は否めません。
私がセキレイを本棚に置くのは新刊が出る度に漫画喫茶で復習するのが辛くなったからで、保管するまでじゃないってのが悲しいとこです。

お勧め指数(10段階):6

書棚保管数:14(連載中)
累計書棚保管数:131

0 Comments

Post a comment