flower border

中古でも恋がしたい!

Category私の本棚~ラノベ編
「中古でも恋がしたい!」の1巻と2巻を買いました。
エロゲ好きのオタク高校生の新宮は校内一の不良でビッチのうわさも高い綾女古都子をトラブルから救ったことがきっかけで付きまとわれ、あまつさえ告白を受けてしまう。
処女厨で二次元にしか興味のない新宮は信念に従いこれを拒絶するも、古都子はめげず新宮の理想の女になる宣言をし、不良然とした姿からツインテールに変貌して迫ってくるという話。

【この作品のいいところ】
・テンプレをある程度使いながらもキャラがしっかり動く点
【この作品の悪いところ】
・できればガチでビッチの変貌が見たかった

【考えどころ】
オタクというとコミュ障なステレオタイプを想像しますし、そんなステレオタイプがある日突然モテ始めるのはリアリティに欠けるなとか思いながらもフィクションにリアル求めてどうすんのとか思う自分もいます。
色んな趣味がありますが、大多数の人は普通に社会人や学生をし、趣味の濃い部分にフィルターをかけながら平均的枠組みの中でうまいことやっています。
その点、新宮は割とリアルな今時のオタクなのでしょうか。
アニメが好きな子は高校時代にもいたし、内気ではあったけど普通に色んな話をしてた気がします。
女の子の絵を描かせると必ず谷間線を「ちょこっと」書く谷澤君とは何度か徹夜麻雀をしました。
高校から彼の家まで20キロかけてはなれという最高の環境にある彼の部屋で遊んだのも懐かしい思い出です。
コミュ障という言葉も最近聞くようになったのですが、社会人になってその言葉の意味がやっと解ってきました。
年齢とか少し離れるくらいで途端に挙動不審になる人を偶に見かけるし、中途採用の面接官やってても眼を合わせてくれず汗をかきかき下を向いてる人にも会ったりするのです。
何が言いたいかっていうと、そういう挙動と趣味嗜好ってあんまり結びつけてはいかんよなって話。

本作では古都子の不良・ビッチという評判を覆すべく周囲がわちゃわちゃ動くのですが、個人的にはビッチでなくても程良く遊んでる女の子が処女厨を好きになって変わろうとする話の方が読んでみたかったです。
不良はともかく、男関係に純すぎればそれこそ看板に偽りありじゃないですか。

お勧め指数(10段階):6

書棚保管数:2
累計書棚保管数:523

0 Comments

Post a comment