flower border

うちの居候が世界を掌握している!

Category私の本棚~ラノベ編
ドイツから日本のとある貧乏工務店にやってきた少年、笠取真哉。
彼の正体は世界でも五指に入るといわれる大企業・オリオンリュートの創業者にして代表取締役社長。
貧乏工務店に住む三姉妹と少年の物語です。

天才でお金持ち。
なんでもお金で解決するのかと思えば意外に好戦的で衛星兵器を用いた武力制圧がお好きな主人公。
長女に纏わりつく同級生、資金繰に窮した工務店、次女の友達が手を染めた犯罪、一つ一つを解決していく話です。

【この作品のいいところ】
・設定がほんの少しひねってある所
【この作品の悪いところ】
・挿絵の絵柄そのものは嫌いでは無いがもう少し個々のビジュアルを書き分けて欲しい
・身体能力が普通の主人公の割に色々無理がある
・経済界に身を投じている設定なら、もう少し金と権力を使ってみてはどうだろう


【考えどころ】
主人公の真哉は家族愛をというものを強く欲してるようです。
ハーレムっぽく女性キャラが登場してきますが、家族の象徴である長女一択という結論しかないでしょうから持っている巨大な力でトラブルを解決していきつつ、どう読者の意表をつけるかという点では非常に難しい作品だと思います。
特にいいとこも悪いとこも見当たらないのですが、話をどう進展、消化させていくのかという点では非常に興味があります。
あと、売れてないのでしょうか?
どこの本屋でも見かけません。
とりあえず女スパイと秘書の問題まで片付けた5巻まで読みました。
続きを読むならamazon。
私はできるだけリアル店舗を応援してるので、リアル店舗さん頑張って下さい。

お勧め指数(10段階):5

書棚保管数:5
累計書棚保管数:532

0 Comments

Post a comment