flower border

大人の休日

Category日々の出来事
温泉に行きたいっ!!

数年前仕事で精も根も尽き果てた時、時が止まったような空間で、ただただ怠惰を貪りたいという欲望が芽生えました。
仕事の調整がなかなかつかずにいたのですが、今年は何とか一軒の温泉宿を押さえることができました。
本音は2泊したいのですが、満足のいかない宿に2泊はきついので今年は保険をかけて1泊ということです。

電車を乗り継いでやって来たのは湯河原。
特急に乗るでも見慣れぬローカルバスに乗るでもなくお手軽に行ける温泉地でございます。
当日は快晴で空の青がとても綺麗。
道中の車窓から見える海も広くてゆったりします。


IMG_3273.jpg


今回泊まったのはニューウェルシティ湯河原ってとこです。
大きめの温泉施設ですので古き良き旅館の味というのには無縁です。
到着後、早速露店風呂を頂きます。

露店はこんな感じでした(公式HP
天井も壁もきっちり仕切られているのは盗撮とかそっち方面への配慮なのかしら。
夜空や海が見える露店の方が風情があっていいなと思いますが、大きなお風呂で足を伸ばして浸かることができるのは非常に嬉しいですし、外気の冷たさも気持ちいいです。

そして夕食でございます。
結構、わしゃわしゃ出てきました。

お肉
IMG_3274.jpg

海鮮鍋
IMG_3275.jpg

お吸い物と鮑等
IMG_3278.jpg

異彩を放つパイ包
IMG_3279.jpg

刺身
IMG_3277.jpg

これにご飯がついてきます。
私は男性の中でもかなり食べる方ですが、お腹いっぱいになりました。
食の細い方や女性では完食はきついんじゃないかってくらいの量があったのには驚きです。
お刺身、焼き物、お肉なんかは美味しかったです。
カニは専門店で食べるべきってのは解っていますが旅行の雰囲気を出したかったので…
パイ包みは微妙だったかな。

〆のデザートは抹茶のプリン
IMG_3281.jpg

そして本日のお品書き
IMG_3276.jpg

夜は内風呂の大浴場をのぞき見程度に利用してまったりお部屋でくつろぐつもりでしたが、その目論見は脆くも崩れ去りました。
当日は仕事納めの企業も多かったせいか大宴会場での納会にかちあったのです。
遮音性という意味で優れた環境ではなかったので部屋でまったりを諦め、近くのバーで軽く飲んでから就寝しました。



2日め

朝食はバイキングです。うん、普通。
海外のホテルみたいにオムレツとかハムとかその場で火を通してくれるサービスがあるといいんだけどな~

IMG_3286.jpg


朝食後少し散歩してみました。

IMG_3287.jpg

なんてことない地味な温泉街のありふれた景色ですが、ガチャガチャしてないこんな風景で日常の慌ただしさから逃れたいって気持ちがすごくあったので、川の音にすごく癒された気がします。

少し足を延ばして近くの公園へ…
生憎天気は複雑で西の空は曇り東の空は晴れ、天気雨が時折って感じの中、公園を歩きます。

IMG_3290.jpg
IMG_3291.jpg

やっぱり川が好きな私。

IMG_3288.jpg

そうそう、湯河原って神奈川と静岡の県境にあるんですね。
ホテル入り口の橋には県境の印が…

IMG_3292.jpg

公園内の足湯は生憎の定休日だったので熱海に足を伸ばし、お風呂だけ借りて我が家をめざすのでありました。



湯河原の感想

ガチャガチャした観光スポットがないので、のんびりするって覚悟がないなら別の温泉地がいいと思います。
公園を散歩したり、滝をみたりそういう緩い過ごし方を中心に2泊くらいダラダラするのにはなかなかでしょうか。
市中心部で少しお酒を飲んで地元の方とお話したり、タクシーを捕まえようと入ったコンビニの方に非常に親切にして頂いたりしたので住んでる方には非常に良いイメージを抱きました。
ホテルの従業員さんの対応も素晴らしかったですしね。
女性と一緒ならもう少し温泉街らしい温泉街の方が雰囲気ある散歩になるでしょう。



一度、温泉で羽を伸ばしたことで次はどうしようって自分の欲しい癒しがより明確になった気がします。
ってことで、次の旅のコンセプト

1.年末年始に行くなら企業の納会をやってない小さな旅館
2.2泊して更にだらける
3.街並みの美しい所
4.温泉入ったど~って気分にもっと浸りたいのでにごり湯系

日々忙しく働いたりパズルしてたりしてる皆さんも、たまにはのんびりしてみてはいかがでしょうか。
以上、粗忽孔明がお送りするオッサンの休日でした。

0 Comments

Post a comment