flower border

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる

Category私の本棚~ラノベ編
俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6.5 (GA文庫)俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6.5 (GA文庫)
(2013/02/16)
裕時 悠示

商品詳細を見る




2chのブログ板に書き込んで見た目のアドバイスをもらったところフォントが小さいようですので、ちょっと大きくしてみました。
スタイルシートのsmallってのをmediumにしたんですけど個人的には気持ち大きすぎな感じもします。
smallとmediumの中間あたりがベストのような気がします。

肝心の作品ですが、幼なじみ・偽りの恋人・前世での恋人・幼児期に結婚の約束をした女の子が主人公を取りあうというハーレム物です。
友達の友達の…とか親戚の同級生の…みたいにやればキャストは無限に増やせるんだなと改めて実感。
無限といえばカメを階段の絶妙な位置で止めてからふんずけるとあら素敵。
そんな世代を生きた電卓王子です。

【この作品のいいところ】
・競合する4人の関係性は面白い

【この作品の悪いところ】
・正妻の真涼のビジュアル

【考えどころ】
他を圧倒する美女という設定は非常に多かったりします。
今まで紹介してきた中でも
綾瀬千早「ちはやふる」
ゴールデンタイム「加賀香子」
アクセルワールド「黒雪姫」
僕は友達が少ない「柏崎星奈」
魔法科高校の劣等生「司波美雪」
あたりは、ちょっと可愛いの域を超えた注目を集めています。
本作の真涼もそこに該当するのですが、登場人物の色付けが全部薄めで統一されているせいか、なんとなく文字情報の描写と不一致感を覚えます。
「愛衣ちゃんお外走ってくる~」
に持ってかれてる感はんぱねっす。

お勧め指数(10段階):6

書棚保管数:7
累計書棚保管数:369



0 Comments

Post a comment