FC2ブログ

黒猫時々パズドラ ラノベ好きが綴るゲームブログ

Top Page › 私の本棚~ラノベ編 › 俺を好きなのはお前だけかよ 3巻
2017-10-22 (Sun) 01:00

俺を好きなのはお前だけかよ 3巻

前回記事

前巻でジョーロの回りにいるモテ女とモテ男達の恋愛模様や人間関係は一段落。
パンジー、ひまわり、コスモス、あすなろに続く五番目の女性はツバキ。
1・2巻で出てきた串カツ屋の娘。
ジョーロ周辺にあっさり溶け込んだツバキが突然発した言葉からドタバタ劇が始まります。

「君達に、ジョーロを賭けた勝負を挑ませてもらうかな!」

パンジー、ひまわり、コスモス、ツバキがそれぞれ残念な手法でジョーロに尽くす訳だが…その結果は見てのお楽しみ。

一方、パンジーから借りた高価な本を汚してしまい新しく買い直す為にツバキの店でアルバイトを始めるジョーロ。
酔客に絡まれたり失敗したりしながらお金を稼ぐ訳ですが、このアルバイトが新しい女性のイントロになってるとは最初は全く気がつきませんでした。

個性的で優秀な周囲と自分を比べて劣等感を抱き、自分をモブと称していたジョーロ。
薄々は感づいていたけど劣等感から認められなかった自分が自分を取り巻く人間関係の中心にいるということ。
少しだけ前に踏み出したジョーロの人間的な成長が3巻のテーマだったと思います。

おまけ的要素ですが、酔客は娘と喧嘩して荒れてたという単なる親バカで、その娘はクラスメイトでジョーロのことを酷く嫌ってるギャルでした。
そんなギャルとのフラグを立てて、トラブルの匂いを感じさせながら舞台は3巻へ続きます。

少し面白くなってきたかな。



書棚保管数:3
累計書棚保管数:579

最終更新日 : 2017-10-22

Comment







管理者にだけ表示を許可