flower border

ホリミヤ

Category私の本棚
ホリミヤ(1) (Gファンタジーコミックス)ホリミヤ(1) (Gファンタジーコミックス)
(2012/03/27)
HERO、萩原 ダイスケ 他

商品詳細を見る




一見陰気な宮村はピアスあけまくりの刺青有。
イケテル堀さんは実は所帯じみた世話好きで帰宅後弟の世話に追われてる。
クラスメイトは知らないお互いの姿を知り合ったことで始まった関係が恋愛関係に発展するお話です。
こういう話にありがちな、どん底から善人が引っ張ってあげる話じゃなく、それぞれが自分の世界で一人で歩ける二人を周囲が知っていくってとこは好印象です。

【この作品のいいところ】
・堀さん渾身のデレに括目せよ

【この作品の悪いところ】
・強いて言えば絵力(えぢから)
 ここってコマにもう一つ迫力が欲しい


【考えどころ】
甘酸っぱい恋愛。
これだけは年をとってからは出来ないので高校生のうちに必ず経験しとくべきだとホントに思います。
「君に届け」のようなピュアもいいけど適度に等身大な主人公たちのようなリア充ライフ目指して若者よ頑張れ。
ちなみに僕は狭い田舎育ちなもんで修学旅行の時に女子部屋にお邪魔したぐらいしか青春群像劇のシーンが無い。
大学4年間でそれなりに活動したんだけど、やっぱ未熟な高校時代からがっつり活動したかったりします。
都会は情報も豊富だし加えて今の時代はアイテー化も進んでる。
チキショー今の若者は恵まれてやがんな~
考えどころというよりオッサンの僻み満載でお送りしました。

お勧め指数(10段階):9

書棚保管数:6
累計書棚保管数:419

0 Comments

Post a comment